オンラインセッション, 攻撃性, 吠え, 噛みつき, うなる

ますみさん

3週間のセッション、ありがとうございました!

子どもが家を離れた寂しさもあり、犬を飼いたいなと思い、
「子犬→可愛い→おとなしい」という勝手なイメージを持ち、、
ネットで調べたら
「トイプードルー賢いー飼いやすい」とあったことから
ペットショップで出会った黒トイプードルを我が家に迎えました。

私たちの後をまとわりつき抱っこをせがみ、ペロペロなめてくる姿は
「かわいい」ばかりで、「お座りやお手」ができるとおやつをあげて喜んでいました。

……今は単なる「芸」でしかなかったとわかりますが…….
甘噛みや唸り、吠えがあっても、きちんと「NO」を教えるわけでもなく、、
ブラッシングは嫌がるため、無理にすることはせず、、留守にして可哀想だからとサークルを広くして、、
散歩では、グイグイ引っ張って咳き込むのがかわいそうだから、と伸びるリードで前を歩かせて、、。

こんなふうに、❮犬❯のことを全く知らないまま育ててしまい、
1才が過ぎた頃からは、目やにとりや足拭き、お尻ふきなどをしようとすると
唸るようになり、だんだんと噛みつくようになってしまいました。

 あわてて、一生懸命「ダメ」を言ったり
「おやつ」をあげながらしようとしても良くはならず、、
またまた、ネットで「改善方法」を検索し、「NOとコレクションを入れる、
指でつつく」「唸ったらリードを引っ張る」など真似してやってみたのですが、

逆に、さらに酷くなり、リードが絡まったのを直そうとしたり、
顔の回りに手を出しただけでも急に噛みついてきたり、
朝、私達がリビングに入っただけでも唸るようになってしまいました。

……一方、甘えてくる時は本当に可愛らしい仕草で寄ってきて、、
そのギャップに???何で?と悩むばかりでした。

目やにやお尻の汚れはそのままにはできないので、そ~っと「やらせてもらい」
「噛みつかれ、、」を繰り返していましたが、
長袖やジーンズの上からでも、出血し傷跡が残る位の「噛みつく犬」に
変身する❮アルバ❯に、子犬とはいえ、完全に私がビビってしまいました。

どうしたらいいのか悩んでいた時に知り合いから
「ますみさん」のことを教えてもらい、ブログやセッションでの体験談、
動画を見て【アルバを直すにはこれだ❗️】と思い、、
カウンセリングを経てメールセッションを受けることになりました。

セッションを受ける前に、メルマガを読んだり、
動画を見たりして自分なりに「NO」の言い方やコレクションの入れ方を理解したつもりで、
吠えた時には、ケージの前で手の平見せながら言っていたのですが、

セッション当初で「あなたが吠えてる」と。、、
頭で理解するのと体験とでは、全然違うことを実感。

さらに、アルバに対して緊張を長引かせ、
むしろ緊張状態を褒めてしまっていることも指摘され、、びっくり!

「怖がりで甘えん坊アルバ」と思っていたけれど
「超ビビり」で、甘えも「不安からくる甘え」なんだと、、。

私が「アルバ」にとっていた行動が「アルバ」を緊張させ、
不安にさせてしまっていること、
一方で、嫌がることは避けてしまってきたことが、慣れれば何てことないことを
「怖いもの」と思わせてしまい、必死に自分を守ろうと頑張るために
パニックの状態=悪魔になるのだということを教えてもらいました。

【アルバは、ブラッシングも足拭きもリードも、
コントロールされることが恐怖でしかないの。
でもそれって「いらな~い」から。
理由はわかっても言い訳は認めないのよ】と、悪魔払いミッションが始まりました。

それまで、アルバとは戦わずして負けている私の最初の難関は
【マズル付け】2日間、戦闘挑むも敗戦。

おやつ持ちながらも、マズルを口元に持っていっただけで吠える、噛みつく、暴れる、の繰り返し。

連敗に気持ちも落ち込み、ヘロヘロ、、、。私にはできないかもしれない、、。
弱気になってしまっている私に「動じないこと!たかがトイプー!」

「アルバの健康維持できないでしょ~~」
「進歩!まずはここからでいいよー」
「今日は戦った末に、ここまでできるようになったでしょ?、急がなくていいから」
という、ますみさんのメール。

アカデミーで聞いたり見たりしている画面越しのますみさんが、
すぐ横で話してくれているかのように届いて、何度も読み返し、
それらの言葉が私を後押ししてくれました。

そして、3日め。
誉めちぎり、、暴れればリードを吊り上げ、、を繰り返し、
今日もダメなのか、と思う反面「これができなければアルバが変われない!」の思いで、
何度めかの戦いで、抵抗せずに付けることができました。😀
私にもできた~~、嬉しかったです。

次のミッションは【マズル付けての触りまくり】
「噛まれないから大丈夫でしょ~、どんどん弄り倒して~」
ところがまたしても暴れる暴れる。
噛まれないとは思っても内心ドキドキ、、。

そこでまた「
暴れる、興奮、噛みつこうとするというドライブを人間が冷静にギアチェンジしてあげる~」
という言葉に押されて、私やってみる、、
できた、、。を繰り返し、、。

そう,「アルバが変わる」のではなく「私が変わっていく」ことで
「アルバも変わっていく」ことを実感しました。

それまでの、アルバの激しい抵抗の姿に、
お父さんは半ば諦め、こわごわと見ていたのですが、

仰向け抱っこのなでなでで、目をトロンとさせた姿に
「ますみさんって凄いな!」と。今頃ですかい?(苦笑)
と思ってしまいましたが、
暴れるアルバの舌の色の一瞬の変化まで捉えて
アルバの状態を教えてくれるますみさんに、私も改めて「凄すぎる❗️」と思いました。

戦いの向こう側を経験させて、
「こわくない、気持ちいいかも、の景色を上書きしていく」こと
「諦めさせる」ことも「コマンド」に従わせることも
 ❮犬を守るため❯、犬と向き合ってトレーニングしていくこと、、

私に一番必要なのは、アルバが少し位唸っても、
落ち着いて、笑ってこなせるくらいの余裕を持つこと。

これらのことが、身をもって感じることができました。

もう、完全に大丈夫!!とまでは、まだですが、
散歩中は私を意識しながら歩いたり、目やにとりや抱っこなでなでの時には、
「今からするよ~」「来い」を言うと、寄ってきてと始めたりできるようになりました。

ますみさんのセッションを受けて本当に良かった!。
アルバと過ごす世界が変わりました!

毎朝起きてすぐ開くメールは、ドキドキでもありましたが、
読むのが楽しみでした。
本当にありがとうございました!

動画UPなどできるかしら?、無理かも~と思いましたが、
事務局の青海さんにはホントの初歩的なことから教えていただき準備できました。
ありがとうございました!

まだまだ、飼い犬にするということ、
犬のこと、わからないことがあるので、これからもメルマガや
アカデミーなどで学んでいきたいと思います。
よろしくお願いします!

長くなってしまいましたが、
身体に気をつけて❕、たくさんのわんちゃん、飼い主のために、
これからもいっぱい発信してください。