セッション(トレーニング), オンラインセッション, 攻撃性, 吠え, 噛みつき, 散歩での引っぱり, 跳びかかり, 興奮, うなる

 

BEFORE


AFTER



まさか犬の吠えに悩む日が来るとは・・・

「今日も散歩吠えさせてしまった・・・ごめんねマイロ」そうtwitterに書き込むのが日課でした。

先住犬のマックスに対してのしつけを厳しくしていたかも、と少し後悔していた私と妹は、生後三か月で友人から引き取ったマイロにいわゆる「しからないしつけ」をしていました。

ワクチンが終わるまでは抱きかかえ外に連れ出し、犬や人に会わせる・・・。
きっと私と妹の中では幸せな多頭飼い暮らしが始まる、その時はそう感じていたのです。

事実、子犬のマイロと先住犬のマックスと過ごす日々はとても愛しいものでした。

あれ?ちょっと違うぞ。

と思うのにそう時間はかかりませんでした。

マイロはジャックラッセルテリア、運動量が多いのはもちろん、動くものも目で追い吠えます。
近所に居る同じ犬種はよく吠えました。
そのためか散歩をスタートした時点でマイロが他の犬や人に吠えるのに対して「パピーだもんな・・・」なんてやりすごしていました。

リードの引っ張り、ほかの犬や人に対しての吠え、先住犬のマックスと違うのはよく響く吠えぐらいでした。
しかし尋常ではない吠え方に疑問は感じていました。
そのころから「犬 吠える」「犬 吠える 理由」など今思うとちょっと笑っちゃうようなワードで検索をかけ、出てきたブログ、動画、記事、目につく限り読みまわっていました。

実はその時に渡り歩いた先にますみさんのブログとHPもありました。

私は参考にしたブログやサイトを「犬」ファイルにブックマークするのですが、そこに運よく出会ったDoggies911のサイトもブックマークしてありました。
(あの時の私よくやった・・・!!!)

散歩・・・真っ直ぐ歩いてほしい、人に吠えないでほしい、他の犬と挨拶させたい。
文字にして目にも心にも痛い・・・、その時のマイロの心理を全く無視した飼い主のおしつけ100%の私からの要求。
出会う顔見知りの犬たちに会わせて、吠え続けるマイロ。
そしてその他の飼い主の手からお菓子をもらう。
なおも吠え続ける。

そのうちおさまるから、犬種がそういうのだから、パピーだから、、、自分で思ってることを人に言われるとなんだか腑に落ちて、そうだよな・・・今だけだよな・・・。
最初に感じた疑問を無視することにしたんです。

まさに人任せ、犬任せ。誰の家の犬だ??
助けてもらおう、そう決めたのはやっぱり「こんな散歩よくない」と思ったからです。
引っ張り続けるマイロは咽るような咳をするし、運動もしてないのに、息はいつもはあはあと苦しそう、目に見えるものすべてに反応して休む間もない。
吠える声は叫び声みたいですれ違う人は振り返ります。そしてそんなマイロの吠えを浴びた人、中には小さな子供もいました。

皆顔をしかめます。そりゃそうだ。
とても怖いし、気分悪いですよね。

セッションでますみさんにいわれた「一人で戦場へ行く」本当に今思い出すとその通りです・・・
怖くて不安で何が正解がわからない。
リードで行動を制限され、声と牙で強いふりをしないとその気持ちを払拭できない。
そんな心理の中で行う散歩を、私はすべてマイロ任せにしてたんですね。

やっぱりなんか違う、嫌だ。
マイロにかかる負担、吠えに吠えた散歩の後は疲れたように眠って外に出る前はそわそわ落ち着かない。
もっと楽しく散歩してほしい、楽しく散歩したい、楽しく散歩してあげたい。
うちの一員なんだから、もっと幸せで健康でいて欲しいと思ったんです。

ますみさんに決めたのはやっぱり「メールセッション」だからです。
サイトに掲載されている犬を飼ってる先輩たちの、「私がやらないと変わらない」って思わせてくれる感想の数々。
そして胸が高鳴るセッションが始まったのです。
セッションで一番心に残ってるのは「飼い主としての意識が低い」と指摘されたことです。

ますみさんからの文面はけっこうさらっとしていましたが、私は心臓を錐でつつかれているような気持になりました。
沢山の質問を経て問題を少しずつ浮き彫りにしてもらいました。
ケージの大きさからマイロの散歩時の心理。
どうして吠えるのか、なぜ引っ張るのか。
犬の自立心の必要性、飼い主のスペースの主張。
犬のスペースの尊重、などなど。

ほえ~~~っと口かっぴろげながらメールの返信を見ていました。
送っていただいた道具の説明も丁寧にしてくださって、「疑問には全部答えるから何でも聞いて」っていうスタンスです。
そしてこの道具に・・・私とマイロがどれだけ助けられたか・・・。
マズルは私にとってとても大事なマイロとのステップでした。

マイロの呼吸と声を整えて散歩することで私も落ち着いて外を歩けました。

そしたら次は犬の心理・・・ん~難しい・・・!
ますみさんは「犬はシンプルだ!」とメールでもブログでも書いていましたが、いかんせん頭の固めな私にはどうも形から入ってしまう節がありまして、難解でした。今も難解ですが。(笑

動画は、散歩で「あ~これやっちまったな~」「こんな時どうすれば?」っていうのをめちゃめちゃ送りました。(笑
ますみさんは私の送る大量の動画ひとつひとつにコメントしてくれました。
とくに犬とすれ違う時。相手の犬の心理、マイロの心理、ついでに私の心理も・・・(笑
ますみさんは私の自信がない散歩にも「ここはこうだよね?だからこうしてみよう!」と、いつでも前向きです。
私はますみさんのメール越しのエネルギーに引っ張られるような気分でした。

マイロの体、全体を観察するようになりました。
マイロが嫌そうなもの、吠えそうなものを事前にチェックできるようになりました。
犬と通り過ぎる時にぎゃんぎゃん吠えなくなりました。

もちろん、完璧ではありません。
マイロもすべての犬に吠えなくなったわけではありませんし、むしろリードが張っているぐいぐい来る犬には「なんだてめえ!」って感じで吠えたりします。
あまりにも狭すぎる道での犬とのすれ違いを強行突破して吠えさせてしまった時もあります。
時には落ち着いているマイロに気づかず、焦った私が変に緊張してリードを張ってしまったり。。。

頭が固いくせに完璧主義なところがある私は、セッション中も「細か!!!」って言われたな~・・・(笑
そんな私はますみさんに言って貰った「100点ではなくて50点の積み重ねの散歩で良い」を信条にしています。

失敗に落ち込んでる暇はなく、その時のマイロの心理、相手の犬の心理、ハンドラーである私の心理。
そちらに意識を向ける方がよほど楽しく、新たな発見に満ちているんだとわかりました。

セッションの最後の方の動画はますみさんにすごく褒めてもらいました。
「だめだな~」と思った散歩が「できてるやん!」「いいやん!」と褒められたり、私の愚痴とか疑問にがんがん答えていただきました!
何より散歩が楽しくなりました。

マイロと「おぉ、なんか通じ合ってる?」って感じる時もあります。
「どうする?」「これで合ってる?」「今の私できてたでしょ?」そんな風に私を見上げて確認してくれるマイロがとてつもなく可愛いです。

他のみなさんが言う朝に届いているメールが待ちきれない、という気持ち・・・すっごくわかる!

それに、メールセッションに惹かれたは良いものの、会って直接お話ししたい~ってメールの返信打ちながら毎日思ってました。(笑

そして私、回し者でもなんでもございませんが、メルマガの大人買いをとてもお勧めします。
すごく面白いですよ。
自分や近所の犬と当て嵌めては納得しています。
ますみさんが言うとおり頭から煙でるほど混乱しますが(笑

私にとって意識が変わるって「余裕を持つ」ということでもありました。
メルマガやセッションで吸収できる教えは必ず今までとは違う余裕を持てます。
余裕から観察、観察から理解、理解から方法・・・と。
順番は違うかもしれないけれど、以前とは違う気持ちで犬と向き合うようになりました。
これって犬じゃなくて私達飼い主の意識が変わってるんですよね。

「楽しんで散歩する」
これができるようになってよかったな~。。。
実はセッションが終わった後、私の判断ミスでまたマイロをbeforeに近い状態にしてしまいました。
私は随分気落ちしましたが、セッション中穏やかに散歩していたマイロはどれだけ混乱したか、と考えると落ち込んでいる暇などありませんでした。

今までのメールのやり取り、メルマガ、ブログが私の背中をどん!と押してくれました。
2日程でマイロをセッション終了間際の状態に戻すことができました。
というより、私のぐりゃりと歪んだ意識を少し戻せた、っていうだけなんですけどね。

そして今もたくさん勉強がある散歩の毎日です。
いつしか先住犬とマイロと、2本のリードを持って散歩するという目標に着実に近づいています。

ますみさん!2週間本当に色濃く新しい発見の毎日でした!
そしてあっという間。(笑
あ~セッションの日々が恋しいです・・・!
マックスとマイロたくさん愛していきます!

本当にありがとうございました!