ボクサー|ラヴィ

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / ケンカ / 攻撃性 / 散歩での引っぱり / 興奮

我が家にラヴィがやってきたのは2年半前の平成21年4月。ボクサー犬・メス・推定3~5歳。千葉県の動物愛護センターに収容されていた元保護犬です。

ラヴィについては「他犬とのコミュニケーションが上手く出来ない」と聞いていました。預かりボランティアのお宅の先住犬との反りも合わず、生活環境も完全隔離していたそうです。ボクサー犬である上に、他犬とのコミュニケーションが上手く出来ないという厳しい条件も重なり、里親探しには大変苦労なさったようです。

…続きを読む

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 散歩での引っぱり / 跳びかかり

原先生のおかげで、ミーシャは激変しました。本当にどうもありがとうございます。セッション終了後も順調に散歩できております。たまにリードいっぱい後ろを歩くこともあり、時々心配になります。足をけがしてないか?と…今までが今までなだけに…

ミーシャは5ヶ月からトレーナーに付いていて、1歳3ヶ月のシェパードです。お座りや伏せなど、基本的なコマンドはできるようになって…トレーニング中はおりこうです。訓練モードなんです。でも何かが違う…だって、私たち飼い主が散歩中は常に前に出るから。これが一番の悩みでした。ミーシャは現在体重40キロ近いオスのシェパード…

前に出られると、とっさの制御ができません。成人男性でも引っ張られればそのまま一緒に走るしかありません。女性なら、さながら西部劇…そして、私たちは大型犬を飼ったのも初めて。しかもシェパード…

…続きを読む

トイプードル|アリス

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 散歩での引っぱり / 跳びかかり

保護犬だったアリスを二年前に我が家に迎えて、生まれて初めての犬との生活が始まりました。センターでは「とっても良い子」とセンターの職員さんからお墨付きを頂いた程、人懐っこかったアリスは、すぐに家族のルールや生活リズムを覚えて、あっという間に我が家に馴染んでくれました。その頃のアリスは一生懸命に私や家族の言動や行動を見て、私達がどういう人間なのか?何を考え、思っているのか?を、観察している様でした。その目は本当に真剣だったので可哀想に感じてしまったのを覚えています。懸命に私達に合わせようとしている姿に「もっと我儘になっても良いんだよ」なんて思ったりもして、、、

でも、しばらくすると、朝起きると足で私の顔をひっかいて「起きて」としたり、ご飯前に泣いたりする様になってきたので、そんな心配は無用だったのですが、そんなアリスの我儘を「ああ、我が家に慣れて来たんだなあ」と、嬉しく感じていました。すんなり我が家に馴染んでくれたアリスでしたが、何時まで経っても「安心して寛いでいる」様に感じられない事が気になっていました。家族は私の気のせいだと言って十分に安心している様に見えると言うのですが。。。

…続きを読む

匿名

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 散歩での引っぱり / 跳びかかり / 多頭飼での悩み / 興奮

ますみさんのところに相談にくる、私たちのような飼い主はたくさんいると思います。みんな、なにが正しくて、どうやって愛犬を育てていけばいいのか、悩んでいる。しつけ本を読んでもうまくいかない、訓練所にいれたらまえよりひどくなった、しつけ教室ではおやつ漬け、おやつがないと何もしない….。

犬を擬人化してしまって、繋ぐのはかわいそう、閉じ込めるのはかわいそう、と好き放題させて大きくなったら持て余してしまう。犬は人間とは違う、正しい生態を知って、正しいやり方で育ててやると、ほんとに簡単にしつけってできるんだってことをますみさんが教えてくれました。うちは1頭ずつでの散歩は落ち着いてできるのに、2頭そろうと引っ張りが出て、2頭一緒の散歩ができませんでした。この状況の中での愛犬の心理をますみさんに教えてもらって、正しいやり方を教わって、1発で治りました!!今では朝も夕方も2頭一緒に散歩に行きますが、興奮はありません。

愛犬たちが見ているのは飼い主の私だけです。いま、日本では子供も持つ家族よりも、犬を飼っている家族の方が多いそうです。犬を子供のように、家族の一員として迎えている。でも、しつけは家族の一員として行っている家族は少ないと思います。そしてそれを教えてくれる人も….ますみさんのように、犬の心理を教えてくれるトレーナー、私が知っているのは日本に一人だけです。

ますみさんのセッションを受けて、犬たちにしつけを行ってから、犬の顔つきが変わった!と主人がいいます。私の顔つきも変わったかな…?(笑)今後はブログとメルマガで勉強させていただきます!ありがとうございました!

ダックスフント|Hikari & Win

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 吠え / 散歩での引っぱり / 興奮

うちは2頭(Cダックス(11歳 オス)Hikari & Mダックス(6歳 メス)Win)のメールセッションをお願いしました。

私が最初に上げた問題点は下記のことです。
Hikariは食事への執着が半端なく、準備中の時からギャンギャン鳴くことと、散歩が勝手気ままな状態なこと。
Winは、散歩時に他犬、猫に吠えることと、家の中で物音に敏感に反応し吠えること。(この家の中の吠えが始まると止まらなくなる。)特にHikariにはもっと穏やかに、なるべくストレスをかけずに過ごして欲しかったので、思い切って申し込みました。

…続きを読む

チワワ|ミニチュアピンシャー|ブル&フタバ

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 吠え / 散歩での引っぱり / 多頭飼での悩み / 興奮

チワワ(ミルク・ブル・ゆず): 先住犬
ミニチュアピンシャー(フタバ): 一時預かり

メールセッションを申し込んだ理由は、ボランティアで保護犬の一時預かりを始めるようになって、まずは先住犬をパックにまとめたい、犬の気持ち・行動をもっと分かるようになりたいと思ったからです。ブルは、散歩の時に他の犬を見ると、興奮して吠えまくっていました。一時預かりをするまでは、その行動が問題行動だとは感じませんでした。犬を避けて通れば、回避できたので…。一時預かりのフタバも、他犬への興奮がありました。毎朝2匹ずつ2回に分けて、散歩していたのですが、ブルとフタバのコンビは、近所のおばさまたちも避けるドミナントコンビでした…。どちらかが興奮すると、連鎖反応をおこし、もう1匹が興奮→私も慌てふためき、コントロール不可能となりました…。

…続きを読む

小型犬MIX|ポニョ&デュー

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 吠え / 散歩での引っぱり / 跳びかかり / 分離不安 / 興奮

うちには小型犬が2匹います。1歳のポニョ(黒・メス)と2歳のデュー(ベージュ・オス)です。私はもともと大型犬が好きなのですが、今住んでいる所がアパートなのでという理由で小型犬を飼い始めました(ますみさんのブログを読み始めるようになってから、家のサイズと犬のサイズは比例しないということが分かりましたが)。

私の小型犬のイメージは「吠えまくり」「ジャンプしまくり」「甘やかされまくり」というもので…頭の悪いのが小型犬だと思っていました(申し訳ない…)。自分が小型犬を飼うことになり絶対に小型犬だからと甘やかしたくなかったので、頑張って躾けているつもりでした。色々と小さな問題はありましたが、本当の問題が発生したのは約3ヶ月前。

長い冬も超え気候も良くなってきたので、川沿いにある散歩道へ連れて行った時のことでした。そこで目にしたものはポニョの犬へ対する異常な吠え掛かり。

…続きを読む

シェルティー|ぷるー

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / グループセッション / 吠え / 散歩での引っぱり / 跳びかかり / 分離不安 / 怯え

メールセッション後は、当初問題だった家の中での仕事、外からの音へ対する吠え、バルコニーへ人が出る時の吠えは完全になくなり家の中でのストーカーもなくなりました。ちょっと玄関を出るくらいなら追いかけることもしません。
インターホンの音にはまだ警戒吠えはしますが、なるとハウスに入るようにルールを作りました。(中では吠えてますが(汗))

散歩でも人や自転車、車などの動くものに飛びかかることはなくほとんどの時間が耳も尾っぽも完全にダラ~と垂れて歩き、信号待ちもスワレ、無意味に私が止まっても(すこし前に行くものの)「あ…。」という感じに止まり、定位置のちょい斜め後ろに戻らせ一旦座らせることができます。苦手だった男の人には私の後ろにぷるーを置くことで吠えることはほとんどなくなりました。たまに男の人がなでても大丈夫な時さえあります。

…続きを読む

MIX|平次郎

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 散歩での引っぱり / 興奮

私の悩みは、うちの犬の引っ張り、でした。私の実家には平二郎というミックスのオスがいますが、この子がまあ、引っ張るんです。こんなに引っ張って歩いている犬はうちの近所では平二郎以外に見たことがないくらいです。家を出た途端、猛ダッシュし、ほふく前進で地面や木の匂いばかり嗅ぎ、首輪が首にめりこんでゼーハーいいつつも力の限り引っ張り、リードは常にビンビン張った状態。かつ、猫や鳥や風に舞う木の葉、そして他の犬にたいしては飛びかかろうとし、もう近所を少し歩くだけで、平二郎、人間ともどもクタクタになっていました。

平二郎が最初の予想よりも16キロと大きくなって私や家族が散歩の途中に平二郎に引っ張られてこけてしまうという事故もあり、またなによりそういう散歩は平二郎自身にとってストレスになるということをますみさんのブログで知り、思い切って、メールセッションに申し込みました。

…続きを読む

ダックスフント|ロビン&アニー

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 吠え / 散歩での引っぱり / 跳びかかり / 興奮

得体のしれない緊張に包まれながら、無声動画を送り、「チャップリンかよっ(笑)音ー!」と、ますみさんの突っ込みと共に始まったメールセッション。

Mダックスのメス2頭 ロビン(レッド)とアニー(チョコタン)。問題は、2頭でどちらが前に出るか?と競争してるかのような引っ張り。人・犬・雑音・自転車、ありとあらゆる物全てに吠えて飛び掛かろうとする事。そして、首輪が閉まって、ケホケホと咳き込む事でした。家の中では、何かこれといって問題だと思ってる事はありませんでした。

最初の1週間は、本当にいろんな話をしました。生活の事や、家の間取りから、それこそ旦那の愚痴までも。色んな話をたくさんしてるうちに、散歩の時の、吠えや引っ張りしか見えてなかったのが、ボロボロと家の中での問題が浮き彫りになってくるんです。ますみさんのエスパーぶりは、すさまじかったです。

…続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8