セッション(トレーニング), オンラインセッション, 攻撃性, 執着(食事、おもちゃなど), 噛みつき, うなる

 

MASUMIさんの事を知ったのは一昨年の事です。毎日お邪魔していた犬ブログでMASUMIさんの日本でのセミナーとセッションのことが紹介されておりました。そこで興味を持ち、MASUMIさんの過去ブログやHPを拝見し、どんどん引き込まれていきました。メルマガも読ませていただき、「やっとみつけた!」と思いました。

我が家の『はる』は小さい頃から噛みつきがひどく、成長するに従って良くなるどころか悪くなる一方でした。散歩時に飛びつき噛みまでするようになり、私は毎日傷だらけで、悲しくて泣きっぱなしでした。

お散歩も楽しいものではなく、毎日が憂鬱。それを何とかしようと、さまざまな躾本を読んだり、躾教室、トレーニングスクール、ホームトレーニング等々受け、何とか穏やかな日常を送れるようになりました。けれど、今思えば、それは、問題を見て見ぬ振りをして毎日をやり過ごそうとしていただけでした。日常的に噛みつくことや飛びつき噛みは無くなったものの、問題は山ほどありました。特にひどかったのは手に触ろうとすると唸ること(爪切りなんて以ての外)、グリニーズへの執着、散歩出発時に呼んでも寝たままで連れに行くと唸る。

その他にも、散歩時のひっぱり、犬猫鳥に会ったときの興奮、ブラシを嫌がるetc.これらはそのままやり過ごしてしまえば生活はできる事でした。爪は病院で切ってもらえばいいし、グリニーズはあげたらそのまま放っておけばいい。お散歩時に来なくても連れに行けばいいだけだし、散歩時の引っ張りも
引き摺られるほどではない。けれど、これはホントじゃない!という思いが私の中でどんどん大きくなっていたのです。

そんな時にMASUMIさんを知り、モヤモヤとしていたものが、MASUMIさんの考え方、やり方を知れば知るほどハッキリとスッキリと鮮明になってきたのです。とにかく過去から現在のブログ、メルマガを完読し、昨年10月の日本でのセミナーにも参加させていただき、ようやく11月にメールセッションを受けさせていただきました。

しょっぱなから挫けそうになる私を、MASUMIさんは励まし、やる気にさせてくださいました。MASUMIさんから指導していただきながら、自分の今までの考え方や接し方が、いかにはるを不安にさせていたか、はるをいい気にさせていたかを反省しました。

また、はるが『犬』であることや動物としての怖さもしっかりと直視することができました。伝えることの大切さ、伝える方法、伝える道具の必要性など目から鱗がわんさかと落ちていきました。

なかなか一発で思うようにできずに、何度となく撃沈されながらも、MASUMIさんの的確なご指導や励ましの下、はるは・・いや私はどんどん変わっていきました。なので、はるは正常に戻っていきました。今では、手を触られてうっとりとマッサージをされていますし、お散歩に出発しようと呼ぶとすたこらさっさとやってきます(笑)。

もちろん爪切りも問題なくできますし、何より、私のそばに居ることが多くなりました。そして、私自身がとても安定してはるに接することが出来るようになりました。もっと早くMASUMIさんに出会っていたら・・・と悔やみますが、きっと今が出会うときだったのだと思い、これからも学ぶことを忘れず、はるが安心して年を取っていけるように私が頑張ろうと思います。

そしてまた、私のように自分の犬で悩み、悲しい思いや、辛い思いをしている方一人でも多くに、MASUMIさんの事を知っていただけるように、何か発信していければと思っております。

MASUMIさん、本当にありがとうございました。今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。