MIX|ウィンストン

セッション(トレーニング) / オンラインセッション / 散歩での引っぱり

我が家に犬を迎えてから約2年が経とうとしています。保健所からやってきた我が家のウィンストンは当初より引っ張りが激しく、最初の一年はリードを持つことによるタコが手のひらから消えることはありませんでした。我が家でもどうにか若いうちにこの引っ張りの問題は解決しなければと思い、今まで2名のトレーナーさんに実際に見てもらいました。トレーナーさんがハンドルするとうまく歩けることもあったのですが、結局引っ張りの問題は解決することなく私たちも半ばあきらめていました。

そんな中、偶然同じ悩みを抱えていた飼い主さんからますみさんを紹介してもらう ことができ、今回メールセッションをお願いすることにしました。正直、直接トレーナーさんが来てくれても治らなかったことを、どうやってメールだけの指示で治すことができるのだろうと、始めるときは多少半信半疑な部分がありましたが、その疑いは数回メールのやり取りを続けるうちに、そして指示されたことを実践するうちに完全に消えて行きました。

…続きを読む

柴犬|麻呂

セッション(トレーニング) / ホームセッション / 攻撃性 / 執着(食事、おもちゃなど) / 噛みつき / 興奮 / うなる

ますみさんに「ヤカラ」と呼ばれる我が家の黒柴、『麻呂』はとっても可愛い子犬でしたが、日本犬が欲しかった旦那の憧れや、『麻呂』と名付けたかった私の夢はアッサリと崩れ去りました。私たちの考えが完全に甘かったのです 散歩に連れて行こうとすると、地面に足を踏ん張って歩きたがらない、じゃれ噛みは酷く、服は穴だらけ、自分が嫌だと思うことをされると本気で噛み付き、手を傷つけられる、問題が現れ本当にヤカラとなったのです。

まだ子犬だから・・・と、どう対処していいのかわからない内に、麻呂が潜在的に持っていた一番酷い問題が行き着くところまで来たところで爆発して現れました。Food Agression(フードアグレッション)、初めて耳にする言葉でした。餌対する異常なまでの執着心、目つきは変わり、早食い、毛は逆立ち、体全身で威嚇します。触ると唸り警戒しますし、空になった餌の容器とその周辺すら守るようになり、食後にその周辺を通ると、唸って威嚇したり、時には飛び掛って襲うようにもなっていたのです。

…続きを読む

Bulldog|Maggie

English / セッション(トレーニング) / オビディエンス

We took our 4 1/2 month old bulldog pup, Maggie, to Masumi’s group puppy class. She was not exhibiting any “problem” behavior yet except for the usual puppy excesses. Masumi’s training was a good balance of assertiveness and common sense.

She is friendly, down to earth and clearly understands the dog mindset. She gave us advice specific to our breed (bulldog) and to our specific puppy. I saw that Masumi was also knowledgeable about the other breeds and types of puppies in our class.

Her training is not simply all treats or all correction but a sensible balance of the two to produce a healthy dog and parent relationship. She helped our bulldog pup by not only training her but teaching us how to be calm assertive leaders of our “pack.” Masumi is our “dog whisperer” of the Harbor area.

Thank you Masumi for all your guidance.

MIX|Arturo Bandini

English / セッション(トレーニング) / 執着(食事、おもちゃなど) / 吠え / 拾い食い / トイレトレーニング / 破壊行動 / 興奮

Jack Russell Terrier Chihuahua mix, Male, 1.5 years old, Bounces like a gazelle. When he was “Doogie” he chewed shoes, purses, leather furniture, just about anything within reach. He also pee’d and pooped everywhere, whenever he wanted. He was loving and adorable, but cost thousands in repairs for the first owner.

He was still “Doogie” when he was rescued by his second owners, senior citizens, who lived in a senior community. They loved him for seven days, and returned him to the SPCA on the 8th. The notes the volunteers read to us read like a rap sheet for a three strikes offender.

We rescued him knowing all of the above and immediately renamed him a dignified “Arturo Bandini.” He was clearly well trained by his previous owners. He was trained to pee and poop everywhere, bark at everything, chase our cats, eat our leather couch, a few shoes and work-out gloves, and some Tupperware tops and containers (they never seemed to be a match).

…続きを読む

1 39 40 41 42